医学部を再受験する学生は存外に多い

合格倍率が10倍前後というのも大学によっては珍しくない

今後、更なる高齢化社会を迎えるだろう現代日本において、医師という職業は依然国民の健康を考える上で欠かせない立場であり、医療の発展に伴ってたくさんのことが出来るようになると医療ニーズはさらに高まっていくことでしょう。
医師は夢のある職業で、そこに至らんと医学部の門を叩く学生は毎年たくさんいますので、受験において合格倍率が10倍前後というのも大学によっては珍しくありません。
その中には一度大学を卒業して、再び受験戦争の舞台へと帰ってきた受験生も少なからずいます。
再受験組は大学の医学部以外を卒業し、時には社会人として経験を積み、それでも医師という目標を諦めきれずに受験する覚悟を決めた方々です。
再受験とは通常の受験生と同じように、センター試験や二次試験を受験することで入学を目指す受験形態です。
一度大学を卒業しているからといって試験が免除されたり、社会経験の分だけ点が加算される、といったボーナスシステムはないため他の受験生と同じ一発勝負に挑むことになります。
むしろ、大学の勉強や社会人経験の分だけ高校レベルの勉強から離れているぶん、心構えとしてはイチから勉強し直すくらいの気持ちでなければなかなか合格を勝ち取ることは難しいようです。
大学を既に卒業している場合、学士編入という入学形態があります。
これは医療に関する専門教育が始まったあたりの学年に途中で合流する受験スタイルであり、高校の内容ではなく英語や自然科学、細胞生理などに関する内容を問われるものです。
こちらではなく、あえて一般入試による再受験を選ぶメリットはいくつかあります。

本当のことを書いても名誉毀損になって、訴えられることがあるということなんですね。
気をつけます。


労基とは仲良くしようと思います。
アドバイスありがとうございます。


ちなみに今日は、先日の残業代は出すけど、基本残業するなよ、などとと言われたのですが、やっぱりそれって完全な雇用ですね…

— りこぴん@医学部再受験 (@i6kKv8P7IND4aKE) 2018年10月9日

合格倍率が10倍前後というのも大学によっては珍しくない : 合格する上での戦略的な話をいくつか紹介します : 一般で再受験することの最大のメリットとは