医学部を再受験する学生は存外に多い

一般で再受験することの最大のメリットとは

合格倍率が10倍前後というのも大学によっては珍しくない : 合格する上での戦略的な話をいくつか紹介します : 一般で再受験することの最大のメリットとは

一般入試であれば高校生も受ける模擬試験の結果を参照することが出来ますし、たくさんの受験生によって判定や偏差値は一定の信憑性を獲得するでしょう。
少しずつ合格に近づいていく感覚、あるいは届かない焦りを感じて一年間じっくり頑張れるのが一般で再受験することの最大のメリットです。
最期に、面接試験でのメリットを挙げます。
面接は近年、医学部に入学するために必須となっている試験ですが、どうしても高校生や浪人生のレベルでは似通ったコメントしかできない反面、再受験組は話すべきトピックが豊富な例があり、他の受験生との差異をアピールする上で有用な武器になるでしょう。
医学部の生活は6年あるし、年齢を重ねてからでは大学を卒業した後に働く期間も短くなってしまうのではないか、という心配もあると聞きます。
しかし、他の学部を卒業した学生、あるいは社会人経験がある方ですと患者さんとのコミュニケーションが上手だったり、違う切り口で物事を考えられたり、医療関係の法律を考える上での基礎となる知識がついていたり、と決してそれまでの学習内容や取り組んできた研究は無駄になりはしません。
むしろ、スポーツと勉強ばかりやってきた学生よりもずっと医師として優秀、ということもしばしばです。
どのタイミングであっても医師を目指す、ということは決して間違いではありません。
医師はなることも大変ですし、なってからも日々勉強という特殊な職業ですが、その努力に見合ったやりがいと日々の喜びが待っています。
再び高校の頃の教科書を開いて勉強しよう、と踏み出す覚悟があるなら、ずっと勉強を続ける医師と言う職業に挑むことがあるいは出来るかもしれません。